20代、転職活動を始める前に

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
転職活動のスタートはここから!8割近い転職者が愛用する定番の転職サイトです。


1.あなたの転職理由は何ですか?

20代で、転職を考えているあなたに質問です。
あなたが転職したいと考える、理由は何ですか?
「職場の上司や同僚とうまくいかない」「仕事が面白くない」etc.いろいろな理由が出てきそうです。
その転職理由は、本当にいまの会社で解決できないものですか?


2.20代転職活動を始める前にしておくべきこと

転職理由が現状から脱出したいというネガティブなものの場合、会社が変わったからと言って、いまより恵まれた環境で働けるようになるとは限りません。
安易な気持ちで転職活動を始める前に、まず以下にトライしてみましょう。
★ここがポイント!
・上司や同僚に、いま抱えている不満について相談する
・現職で不満を解決する方法がないか考える
・不満を解消するために実際に行動してみる
・場合によっては、部署異動を希望する
現状を打破するために、自分なりに行動した結果の転職活動なら、動機がポジティブなものに変わります。
やるだけの努力はしたと明言できることが、転職成功の秘訣なのです。


3.転職活動はキャリアの棚卸から始まる

転職の意志が明確になったら、まず行うのがキャリアの棚卸です。
社会人として働き始めてから、あなたが携わった仕事の内容と、それでどんなスキルを得て、どんな気持ちを感じていたかを、きちんと紙に書き出すのです。
仕事でやりがいを感じられるポイントがわかれば、転職先を探しやすくなります。
同時に、しっかり自己分析を行い、自分がこれからどんなふうにキャリアを積んでいきたいのかを考えましょう。
キャリアプランの設計ができれば、それを叶えるための転職方法を考えればよいのです。


企業サイドの考えも知っておこう

転職市場で20代が人気なのは事実ですが、好条件な会社ほど、応募者の選定も厳しくなるものです。
在職期間が3年以内の20代の応募者は、「入社させても、うちの会社も簡単に辞めるのではないか」という先入観を持たれやすいものです。
その先入観をなくすのに必要なのが、転職理由がポジティブであることなのです。
何が理由で転職を決意し、応募企業に入社したらどんな仕事をして貢献したいと考えているのかを、自分の言葉で語れるように準備しておきましょう。

ページ上部へ戻る